先週日記
 9月は短編小説を書いて、ちゃんと締切の日に提出しました。
 偉い。
 締切明けの日にカラオケとかいっぱいして、翌日映画見てお酒飲んだら、なんだかヘトヘトに疲れて悲しいことばっかり考えてしまった。一日休んだら元気になった。
 元気になったついでに、近所の行ったことのない喫茶店に行ってみた。
 店の中はけっこう広くて、値段も普通だったけど、夕方前の時間にお客は他に全然おらず、真ん中にでかいバイクが置いてあった。ハムサンドを食べていたら、お店のマスターの孫らしい、障害児の男の子が大声を出しつつ元気よく入ってきたり、近所の住人らしきおじさんが、どでかい梨とグレープフルーツを市場で買ってきたと訪れて、マスターが「昆布茶出そうか?」と言ったら、「昆布茶!?要らない!」とキッパリ断って何も飲まずにそのまま座っていたり、近所の公園で行われるお祭りの情報交換したり(サンバカーニバルがあるとか)、その梨が「幸水って言って、すごく柔らかいんだよ〜」なんつってて、本当にどでかい梨だったり、と、ここにも知らない人間関係があるのだな…と考えるととても新鮮だった。新参者なので、ちょっとビクつきしながらハムサンドとコーヒーをいただいてすぐ帰った。持ってきた本も全然読めなかった。近所のモスバーガーに入ったら得られない体験だった。ゴールデン街の新しい店に行くよりドキドキした。共通の話題がまったくなさそうだったから…。

 年明けからちょっと長めのと、短編と、二つ書いて、これ終わったらやることなくなちゃうかなあと思ってたけど、一つ片付けると自然に新しい宿題がやってくるのが不思議なものだ。悠子というだけあって、けっこうノンビリした性格なのかもしれないと自分のことを思う。芝居の準備を始めたのだけれど、これ終わったらまた新しくやることが出てくるのだろう、いろいろあれしたいこれしたいと考えても結局はうまくいかないことが多い。やってくることをさばいていくばっかりで時間はどんどん去っていく。走るのとか遅かったし、人よりどんくさいのかもしれない。

 明日はめんどくさい用事を一個済ませて、映画見られたら見て、また作業。
 机の前にばっかりずーっと座っている。
 座るって姿勢は、もうちょっと新しくて楽で面白くて健康的なポーズに変わらないだろうか。人類はなぜ座るか立つかぐらいしかポーズないんだろうか。ぐにゃぐにゃに溶けたりとか消えたりとかいろいろできたら、腰痛や肩こりなんかも軽減されるんじゃないでしょうか。なめくじとか蚊とかの姿勢には常に無理がないから見習いたいです。最近はよく蛾を見る。行きつけの焼鳥屋のマスターが、蛾は宇宙から来てるスパイだから気をつけてねって昨日言っていた。うちはそのへんの事情わかってる職員たちのステーションセンターで情報交換の場だからって。そのネタ広げて三十分ぐらい楽しく飲めた。今日はマスターにもらった日本酒の入浴剤をお風呂に入れようと思います。


[PR]
by chigirayuko | 2014-10-06 00:57
<< 先週日記 先週日記 >>



千木良悠子の日記です。
by chigirayuko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30