先週日記
 月曜日、一月から書いているが、やっと初めてちゃんと小説を書いているという段階に達した気が。夜、下北沢leteで長谷川健一さんのライブ見た。
 火曜日、シフォンケーキ焼いたけど型がちゃんとしたのじゃなかったので潰れてしまった。スナックアーバン、パーティーで大混雑、必死でお酒を作る。
 水曜日、お昼にスープカレー食べるけどあんまり得意じゃないみたい。原稿進める。辛いわ〜とか思ってたけど夜中にやめられなくなるゾーンに突入。なんでも中毒性ってある。徹夜しようかと思ったけどもう大人なのでやめておいた。
 木曜日、原稿書いてスナックハニー勤務。
 金曜日、執筆。B子と居酒屋→ワインバー、美味しかった。
 土曜日、四章脱稿、肩凝って動けないので岩盤浴行く。
 日曜日、新国立美術館で「イメージの力」展。オーディトリウム渋谷で「キャンディ・マウンテン」。アメリカのロードムービーは昔から好き。


[PR]
# by chigirayuko | 2014-03-24 14:27
先週日記
 月曜日、原稿提出日だったので必死こいて書く。終わってサウナ行った。
 火曜日、「ホビット」見に行く。終わってから喫茶店でKさんとSさんと会ったのでパフェ食べる。アーバン勤務。
 水曜日、編集者さんからお電話いただき、原稿に5個ぐらい疑問点指摘される。すっかり書き直しすることにする。
 木曜日、どしゃ降りにもかかわらず、スナックハニー混雑した。
 金曜日、美術家さんと舞台の会場下見。美術案のイラストをさらさらっと書いてくれた。「アナと雪の女王」を見る。CGがすっごい。
 土曜日、友人とお茶して、近所の落語家さんがやってるっぽい居酒屋に初めて入った。
 日曜日、AとTと朝ヨガに行く。その後、Tの家で朝ご飯もいただいた。美容院にも行く。直しの原稿少しずつはじめる。

[PR]
# by chigirayuko | 2014-03-24 14:19
先週日記
 月曜日、劇場に資料持ってって、来年の公演に関する面接。別の公演の資料も送れと言われる。そのままバス乗って、祐天寺で友だちとお茶。人の家みたいなカフェで長時間しゃべってリラックス。友だちがずっと気になっていたという焼鳥屋に入ったら、美味しいし店員は物凄いスピードで動くし若者からおやじから、いる全員がものすごく嬉しそうで、さながら男たちの天国だった。ある意味の理想郷、こんな店や劇団やバンドを作れたらすごいと思う。大学の先輩らと祐天寺で合流してご飯食べて帰宅。
 火曜日、「GREE」見ながら、Cちゃんちの息子と遊ぶ。夜は仲良しのHさんと焼きトン屋で同伴後、アーバン。安定の盛り上がり。
 水曜日、代打でスナックハニーに入る。お客が全然来ず、唯一来てくれた若者と長時間サシでしゃべってるうちに、気づいたら同棲の約束を…。翌日「ふざけすぎた!!!」と謝ったら「もう客用の布団ネットで注文しました」とちくりと釘刺され、途方に暮れる。
 木曜日、続けてG街で働く。ずっと来てなかった常連が久しぶりに顔出してくれて、とてもうれしかった。お店で働いていると、そういう人がまるで、生き別れの肉親のように懐かしく思えるのはなぜだろう。終わってから別のお店でパフュームファンのSにさんざんDVDを見せられる。「そんな好きじゃない」と言ったら「こんな素晴らしい芸術をなぜ!?」と怒られた。
 金曜日、寝不足で執筆。先輩のすすめで、「劇」小劇場で若手演出家コンクールの審査作品を観劇。雪山を舞台にした作品、すんごくしっかり作ってある。夜、A子とB子と焼鳥屋でおしゃべり。二人のマシンガントークがあまりに小気味よく、激しく止まらないので、「私っておっとりした大人しい性格なんだな〜」と勘違いする。B子と下北でコーヒー飲んで帰る。
 土曜日、新宿の本屋で「トーク・オデュッセイア」。ライターの北沢夏音さんの著作の出版にちなんだイベントで街について語るという企画。年齢の離れた人たちから昔の東京についての話聞く機会は少ないから、勉強になる。打ち上げでもそれぞれが、昔の東京についてや、自分が街でサブカルチャー文化に触れたきっかけやらの話をしていて面白かった。
 日曜日、昼、劇小劇場で、ファスビンダーで振付やってくれたスズキ拓朗さんの、安部公房原作のダンス作品を観劇。帰宅、執筆の提出締切が近いので必死こいて書く。夜、車で新宿に行ってA子さんたちと少し会う。帰り際、近くのカレー屋さんで須藤さんのお友達にカレーをもらう。南インドの料理なんだそうでスパイスの味とか複雑で、新しい扉が開かれた感じ。ジップロック二つ分貰って帰った。


[PR]
# by chigirayuko | 2014-03-12 18:46
先週日記
 月曜日、10枚ぐらい捨てて設定変えて書き直す。青山でライブ見て、新宿でちょっとご飯食べて帰宅。
 火曜日、下北沢の富士見ヶ丘教会で、あがた森魚さんのライブ。演奏の合間に、緒川たまきさんが稲垣足穂の詩を朗読しつつ、コーラスもしつつ、という感じで進む。緒川さんはあがたさんの大ファンだそうで終始ニコニコしてらして、可愛らしかった。終演後、下北沢のバー「MORE」でチェーホフの芝居を上演してた小林麻子さんに少し会いに行く。「なんで芝居見てくれないんだよ〜!」と怒られたので、ほっぺにチューしてごまかした。衣装家のreiさんと話し込みながら帰宅。去年のSWANNYで世話になった人たちが自分たちの活動に取りかかってる姿に、いろいろ力をもらってる感あり。
 水曜日、渋谷のwwwで石橋英子さんと高木正勝さんの2マン。英子さんのピアノソロ、まるで一人の部屋で繰り広げられてるような濃密な演奏なのに大きい会場でたくさんの人がじっと動かず聞いてるのが不思議。一人の部屋がどんどん大きくなって外にはみ出てそのまま宙に浮いて別の世界に連れてかれるかのような感じ。終わってからとても美味しい台湾料理食べた。達久の車で送ってもらいがてら、少し遠くまでドライブ。
 木曜日、執筆ちょっと滞っている。登場人物の年齢がバラけてるので何年に何歳だった、という簡単な年表を作る。こんなのしたの初めてや。8時からG街でお店番。新じゃがで肉じゃが作った。ヨシキさんっていっつも超楽しそうでいいな。朝、Dちゃんと別のお店で一杯飲んで帰宅。
 金曜日、少しだけ執筆作業、大学の先輩といっしょに、六本木「新世界」で横町慶子さんと山川冬樹さんのパフォーマンス見る。終演後、先輩と六本木の居酒屋とラム酒専門のBARに行ったのだけれど、死ぬほど飲む人で、酒量の限界値を超えて久しぶりに向こう側の世界を見た気がした。20代のころは、こんなふうに飲むことあったけど…先輩は体弱いはずなのに広告代理店でバリバリ働いて海外旅行行きまくってて、あまり周りにはいないタイプ…恐ろしい人種もいるものだと震えた。
 土曜日、ウルリヒ・ザイドルの「パラダイス:愛」をユーロスペースで見る。男買いまくる太ったオバちゃんを自分みたいに感じた。ひどい映画だけど、これ見たことたぶん死ぬまで覚えてる…このぐらい残るものを作らないと意味がないなあとうなだれた。ディスクユニオンで買い物して帰宅。
 日曜日、本多劇場で「サニーサイドアップ」観劇。ファスビンダーで「星の王子様」役をやってくれた富川くんが出てる。登場人物がシーンごとにいろんな年齢で現れるんだけど、自分みたいな30代ってまだまだ若いのかもなあと思った。40や50になっても、毎日わかんないことばっかりで、驚くこといっぱいあるんだろうなあと思った。下北沢で買物して帰宅。いろんなものを見た週だった。


[PR]
# by chigirayuko | 2014-03-12 18:05
先週日記
 月曜日、原稿書いて、六本木で知人のダンサーTAMAYOさんにバーレスクダンスのレッスンを受ける。すんごいハードだった。マリリンモンローの歌に合わせて踊ったのだけど、「骨盤はそこじゃない!もっと下だ!」等メッチャ怒られた。昔「クワイエットルームへようこそ」という映画にチョイ役で出させてもらったとき、ピーナッツの「恋のバカンス」という曲に合わせてTAMAYOちゃんの振付で踊ったんだけど、あのときも彼女はスパルタに檄を飛ばしてたなあと懐かしく思い出した。私全然ついてけなかったので後ろのほうで踊ったなあ。でもばかばかしくて泣ける踊りだったなあ。TAMAYOちゃんと六本木交差点近くでもつ鍋食べて先のことや昔のこと語り合った。

 火曜日、執筆、夜はアーバン。出勤前にCちゃんとアーバン近くの焼きとん屋に行ったんだけど、痒いところに手が届く最高の飲み屋だった。誰にも秘密にしよう!アーバン出勤後、G街でストーンズのビデオ見ながらずっと飲んでた。ミックジャガーってずっと落ち着かないでぴょんぴょん跳ねてる。「らりってたのでしょうか?」って店主に聞いたら「そうでしょうねえ」とうなずいていた。なんだか楽しくてずっといてしまった。

 水曜日、夕方編集さんと待ち合わせて、最初コーヒー屋さんで打ち合わせ。編集さんはドラマチックなお人で、ドラマチックな言葉で書き手を盛り上げてくださる、私よりこの方のほうがよっぽど個性的ではないか……ことさら真面目な顔で「頑張ります」と相づちを打つ。美味しいお食事とお酒をいただく。帰りに新宿の飲み屋に寄る。 ジムさんに「あなたはロボコップを見ていない地球最後の人間です!! 明日見てください!!」と怒られた。(そういえばまだ見ていなかった!)

 木曜日、友人と渋谷をぶらつく。渋谷はいろんな店があるのに、サンマルク行ってディスクユニオン行ってドトール行くという欲のないお散歩コース。何人かと合流して、中華料理屋で担々麺やあんかけチャーハンを食べる。8時からスナックハニー、大勢お客さん来てくださった。人と人を引き合わせるということを珍しくやってみたのだけど、喜んでもらえたようで良かった。

 金曜日、執筆、夜、近所で少しだけ飲む。別の店でコーヒー飲もうとしたら知ってる女の子たちが大量に訪れて女子会になった。早めに帰宅。

 土曜日、シアターコクーンで「もっと泣いてよフラッパー」。最初そんなにのれなくて「こんなもんなのかしら♪」とふんぞり返ってたのに、ラスト直前で、涙が溢れて止まらなく…!! このお芝居の作り手も自分がそうであるようにまた、虚実のあわい、夢と現実の境目の世界に魅了されている仲間なんだ…と思うとたまらなかった。松尾スズキさんに挨拶に行って「カンドーしました」と告げたら「そうか…最後女4人肩組んで、SEX & THE CITYみたいだもんな」とおっしゃっていておかしかった。Kさんと沖縄そば食べて帰宅。

 日曜日、ファスビンダーの舞台で振付してくれたスズキ拓朗さんの舞台「さいあい〜シェイクスピアレシピ」観劇する。拓朗さんのダンスのシーン、すごすぎて人間の動きに見えない。数年前に神楽坂で見たときからずっと天才だな!!と思っている。一緒に舞台作れたなんて誇らしい。夜はまた友人の家に行って幸せの歓談と飲み会…Cちゃんが飲み屋に居合わせたお笑い芸人さんに赤ちゃんを抱っこしてもらってて、「さすが元スナックは違う!!」とB子と二人で感心。


[PR]
# by chigirayuko | 2014-02-25 18:23
先週日記
 月曜日、執筆けっこう進む。夜に残ってた小麦粉でアップルパイ作って食べた。

 火曜日、提出日が近いので執筆。割と気に入ったの書けた。ヒッチコックの「めまい」見に行ったらあの恐ろしい結末忘れてたのでショック。よく行く居酒屋で温かいお湯割を飲んで心を落ち着けようと思ったら常連の男性陣たちに「朝バナナの色は何色かな?」等セクハラを受ける。笑顔で流して大人をアピールする。

 水曜日、ハコの人と公演の打ち合わせ。丁寧に案内してもらって感無量。次の予定は神保町だが時間がだいぶ空いてしまった。看板がいい感じだった地下の喫茶店に入ってみたら、高校の同級生が働いており驚いた。マッサージ屋さんで30分時間潰したら微妙に遅刻。東京堂で古川日出男さんと野田秀樹さんの対談。野田さんの落語家のようなチャーミングな毒舌にノックアウトされる。面白かった。下北沢で友人とご飯、来年の企画を立案する。

 木曜日、執筆ようやく半分超す。一ヶ月に千枚とか書く人いると思うんだけど果たしてど〜しているんだろう。生きてるうちに数千枚の原稿を自然に書けるようになっていようと十代の頃に思ってた気がするけど高望みだったかも。バレンタイン用のガトーショコラ作る。夜はスナックハニー、泥酔したサラリーマンのお客に「他人を思いやれる人間が一番頭の良い人間。人を思う気持ちを持てることは、誉れだ」と語られ、危うく涙ぐむ。酔っぱらいって神様みたいに良いこと言うときある。

 金曜日、スーデラで「カフカ鼾」のライブ。数十分の中にここ数年の時間が全部詰まってるような気がした。色々思い出した、イタリアに行った時のこととか…。数年前に聞いた英子さんのピアノのフレーズが現在も鳴ってるような錯覚を覚えたり。バレンタインのケーキ作ってったのを皆に食べてもらった。外に出たら吹雪で六本木が埋もれていた。

 土曜日、ヨガに行く。私のヨガはよっぽど酷いらしい。先生が私だけ楽ちんなポーズを色々考案してくれた。自己を知るのは良いことだ…。銭湯に行ったらお湯がめちゃくちゃ熱かった。原稿執筆、編集者さんに送る。瞬く間に長文感想メールをくださるので頭が下がる。あまりに素敵なお褒めの言葉などいただくので、にわかに信じられないのだけど、4、5回爆笑したと書いてあったのは本当に嬉しかった。

 日曜日、吉祥寺シアターで仁科貴さん・中村祐太郎くんが出演している寺山修司「さらば箱船」観劇。予想してたよりもずっと面白かった。寺山修司って中学生のときは好きで読んでたけど子供っぽい趣味だったかな…と思ってたけど、そうじゃないんだと発見した気がした。詩人、歌人であるだけに、理屈とか雰囲気ではなく、唐突な言葉のポエジーの力のみで舞台にいきなり幻想空間を出現させてしまう、そのやり口が意図的だし演劇として本来的に感じられた。役者さんが言ってみたいキラーフレーズがちりばめられている。田舎のおどろおどろしさも、性的禁忌のモチーフも今ではアングラとして手垢がついてしまったけど、アメリカ目指して経済成長頑張っていた時代の東京に疑問を持ち込んだのだとすると、とても自然な態度に思われた。若い人を使ってあまり重くなく演出されてたので見やすかったのかもしれない。ゆかりの劇団や演出家ばかりじゃなくて、色んな形で解釈されて上演されてもいいんじゃないかと思った。(どんな戯曲もそうかもしれないが…。)仁科さんの褌姿は清らかな感じがして本当に良い…。あんな素敵な人とお芝居やったんだなあと思うと誇らしかった。ばったり会った友達と西荻で少し飲んで帰る。



[PR]
# by chigirayuko | 2014-02-18 13:27
先週日記
 月曜日、取材?的なつもりで街を散歩&リサーチ。思ってもみなかった道と道が繋がってること等に驚きを覚える。歩き疲れてコーヒー飲んで帰る。夜はもうすぐ閉店してしまうという下北沢の居酒屋で飲む。Pさんの古くからのお知り合いのBARに連れてっていただく。しこたま酔っぱらったけど、友人知人は私の無茶ぶりを親切に聞いてくれたりしてあたたかかった。
 
 火曜日、執筆作業、またCちゃんの家でK太郎と遊ぶ。ずっとここにいたい……と思うほど楽しい。夜はアーバン、積雪情報が出ていたため、お客は少なめ。しかし、常連さんの異常な盛り上がりっぷりと言ったら……。流しの新太郎さんチエさんが久しぶりに演奏。その後、最後の中森明菜までの狂乱のカラオケグルーブ、なんか最近みんなどうかしてる!帰りにお客様のOさんが、行きつけの西麻布の秘密隠れ家BARに連れてってくれた。なんと暗証番号を入れないとドアが開かないのです。いかにもの口説き用内装、バーテンさんたち、普段ここでどんな男と女のラブゲームが繰り広げているか、こっそり教えてくれた。ワインとフルーツをいただく。お金持ちのOさんに「髪型がゴールデン街っぽい」等散々からかわれつつも、珍しい体験ができて非常に楽しい。髪は代官山で切ったんだよ! Oさんは「最近お元気でしたか?」と尋ねると、「ええ、相変わらず嫌みな金持ちやってますよ」と答えてくれたりするので、期待を裏切らない。また遊んでほしい。
 
 水曜日、近所でうどん食べる。執筆。知人に「来年コントの公演をやりたい」とメールしたら、速攻で「やろうやろう!」のお返事。来年の話は夢がある。この日は多少落ち込んでいたが、気分が上がった。さみしがりやなので、家で一人で執筆作業ばっかりだと、なんていうか、すぐさみしくなっちゃうのよね……孤独に耐えられるハードボイルドな大人になりたい。いや、あんまりなりたくない。どうしたらいいんだ。作家ってみんな偉いなあ。お正月に小淵沢のスタジオにいるときは、書くのに飽きると、だれかが階下でコーヒーを飲んでたり音楽聞いてたりしてて、相手してくれて、レコーディングの音が聞こえてる間は私も頑張ろうと思えたりして、ふと時間空くと買い物に行かなきゃならなかったり、何かしら共同生活を回していくための仕事があって、色々大変なことはあっても、そこには物が生まれる場所ならではの豊かで絶え間ない空気の流れがあった。カサヴェテスで言うところの、LOVE STREAMSですよ。あれは素晴らしかったなあ。私一人では、あんなふうに空気を循環させることが、まだできず、滞ることばかり。どうしたらいいんだ。分からなくて、毎日散歩したり、もがいている。

 木曜日、パスタ作って食べて洗濯して執筆作業。「All That Jazz」のDVD買ったので見る。夕方から渋谷WWWで前野健太とソープランダーズのライブ。とっても良かった。WWWのスタッフさんが用意したケーキで前野さんのお誕生日を祝って、居酒屋で少し飲む。Y帝国のS本さんのモノマネがウケたので嬉しかった。須藤さんからの誕生日プレゼントの包装紙は、前回の他の人への誕生日プレゼント、昆布を包んでいた包装紙と同じく、ラメラメでとても豪華だった。

 金曜日、新宿ピカデリーで、ヒッチコック「マーニー」を見る。ラストあたりでボロボロ泣いてしまって、エレベータで降りる間中もずっと涙が止まらなくて困った。帰宅後、次回公演に使おうかと思ってる小説を部屋で一人で声に出して朗読、セクシーに読むことを心がけながら、床をのたうち回る。何をやってるんだろう。でもこういうことばかりが妙に楽しいので、やっぱり演劇をまた一人で企画して制作してでっちあげなきゃいけないのか、とため息つく。とりあえず、今のところは、時間的余裕があるから、日々をなるべくリラックスして過ごそう……焦るのはやめよう……と心に決める。ここ十五年ぐらい、ずーっと毎日焦ってる気がする。甘いもの食べて本でも読もうと思ったが、疲れて寝てしまった。

 土曜日、大雪。外に出られないので、最近、達久がよく語っているドラゴンボールの「精神と時の部屋」に入ったつもりで、修行のつもりで、今までの人生のアレコレを回想する。反省すべき点ばかりが多い。夜に意を決して、吹雪の中、幡ヶ谷のライブハウスを目指して出発。雪というより風がすごくて、たどり着けるのか? 電車は走るのか? とヒヤヒヤしながら行ったのに、ライブハウスは人でいっぱいだった。みんな勇気あるなあ! 「ナスカ・カー」のライブを見たのだが、最高だった。終わってからAちゃんと居酒屋に行っておにぎりや明太子豆腐を食べる。雪って楽しいね、雪なのに家の中にいると、「もっとじゃんじゃんやってくれ!!」という気分になって最高だねえ、とほくそ笑みながら梅酒を飲んだ。

 日曜日、下北沢でCDやらリンゴやら買物。執筆。G街の常連さんの、とても美しいSMの女王様の誕生日パーティーに物見遊山で顔を出す。なかなか見られないSのお姉さんや、Mのお客様がたの、挨拶や歌やらを真面目に拝聴する。G街マスター・ゆうや王子の「ジュリーショー」を生まれて初めて見る。ジュリーの曲をかけて口パク&ダンスをするというマスターの持ちネタなのだが、十年続けてるそうで、堂に入っていて素晴らしかった。「すてきー!」とキャーキャー叫んでしまった。友人知人とホルモンを食べて帰宅。濃すぎるパーティーに、もってかれたというか、当てられたというか、いやあ、こういうのは、五年に一回ぐらい経験すればいいやね……。人生勉強になりました。



[PR]
# by chigirayuko | 2014-02-10 19:44
先週日記
 月曜日、CちゃんとCちゃんの息子Kたろうと三人で遊ぶ。四谷の「おもちゃ美術館」、大量の赤ちゃんの群れが這いつくばり、木のおもちゃを口に入れ、おもちゃを取り合い、阿鼻叫喚、たいへんなことになっていた。パン屋さんのカフェでコーヒー飲んでおしゃべりする。大学のときに戻ったみたい。子供を産んだり結婚したり仕事したり、いろいろあったし、膝の上にKたろうもいるのに、20歳のときに彼女の住んでた三茶のマンションでダベっていたときと変わらない時間がいつのまにか訪れていて驚いた。Cちゃんはしっかりしてるのでライフプランニングの話なんかしてましたが…。新宿で別の友達に会ってCD屋行ってあったかいうどん食べて帰った。お正月に小淵沢のスタジオでミュージシャンたちにレコメンドされた「CARS」の1stを買った。この中の「Bye Bye Love」という曲がお気に入り。

 火曜日、Kちゃんと下北沢でちょっとお茶、やきとん「椿」でちょっと飲む。お客様とめずらしく焼肉同伴! させてもらってから、アーバン出勤。Nさんの歌った「なんてったってアイドル」のサビの男性コーラス部分を、男性のお客様がた全員でダミ声でがなっていた光景が目に焼き付いて離れない。アーバン、お客さんの顔ぶれは毎週あまり変わらないのだけど、最近の盛り上がりがすごい。

 水曜日、下北沢で劇場下見。まだ工事中の新しい劇場、案内されてスタッフさんと話しているうちに、ついついスケジュール仮押さえなんかしてしまう。先のこと何も考えていないのに。大好きな古本屋「ほん吉」でガートルード・スタインの「Q.E.D」、大学生の時から欲しかった本、ちょっと高かったけど買っちゃった。大学図書館の地下5階ぐらい、奥深くに、このスタインの白い薄紙のかかった全集が並んでて、中身も読まずにカッコイイと憧れていたのだ。「地球はまあるい」という子供向けの作品が好きで、ほかのも少しずつ集めている。夜、Aさんと電話で長話、楽しかった。

 木曜日、「よりみちパン!セ」の編集者さんから新刊「ふたりのママからきみたちへ」「レズビアン的結婚生活」、二冊送っていただいたので読む。執筆、わりかし進む。夜はG街、私のファン(!)だというMさんが来てくれる。ネット上でやりとりしてる時から良い感じの人だなあ〜と思っていたのだが、お会いしたら、信じられないぐらい可愛らしい人で話が尽きなかった。ヨシキさんの「ウルフ・オブ・ウォールストリート」絶賛トーク等で盛り上がる。明け方、ご機嫌のゆうやマスターがマッカランを奢ってくれた。少し喉風邪をひく。

 金曜日、第二章まで書き終える。新宿でKちゃんのバースデイを祝う。深夜までかなり飲む。帰り際に私がS本さんの曲をうろ覚えでモノマネしたのがすごくウケていた。この日記を読んでくれている人たちにも動画を貼付けたりして聞かせたい。帰りのタクシーで運転手に小銭をごまかされそうになった。たった数百円、ほしかったらちょうだいって言ってくれたら、あげたかもしれないのに。「その手に握ってる百円玉をこの皿に置いてください」って酔っぱらってたけど私言ったのだ。そしたら「これも使いますか…?そうですね、使ってみることにしますか…」ってヘンテコな言い方してた、その人。芝居の台詞に使おうかな。

 土曜日、Aさんと広尾にヨガに行く。最初「たいして運動しないクラスだなあ」と思ってたのに、いつのまにか背骨と肋骨のあたりの筋肉がだいぶ広がったみたいで、呼吸は楽になるし、あとあと血行も良くなるし、ヨガたまに行くとスゴい効果に驚く。あと先生が浮世離れした美人でおもしろかった。「お弁当箱にご飯詰める気持ちで踵をぎゅっぎゅっと床につけていきましょう」とか表現がいちいち秀逸。Aさんとコーヒー飲んで、恵比寿まで歩いて帰る。むやみにポジティブな気持ちで胸張って歩いていたら、二人も知り合いに会った。ポジティブの効果すごい。

 日曜日、激混みの新宿の映画館で「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を見る。久しぶりに大きいスクリーンで映画らしい映画を見た気がして大満足。ディカプリオが船でFBIに海老を投げつける場面で大笑いする。近所でコーヒーを飲んで、地下鉄で京橋に移動。Aちゃんと合流して「ダバインディア」で南インド料理。クレープでじゃがいも包んだマサラドーサという食べ物がとても美味しい。新宿に戻って居酒屋で日本酒をちょっと飲んで終電で帰る。編集さんから小説途中経過読みましたのメール&電話をいただく。送るといつも一瞬でなが〜〜い感想くださるから本当に感心してしまう。濡れ場的なシーンをほぼ初めて書いたのですが大丈夫でしたかと尋ねたら、「僕もほぼ初めて濡れ場を担当しておりますが大変素晴らしいです!」とお返事いただき、本当に良かった。しかし客観的に見るとなんてへんな会話だ。



[PR]
# by chigirayuko | 2014-02-04 14:26
先週日記
 先週日記、芝居にかまけてたのをきっかけに止まっていたのでまた始めたいと思います。
 私のリスペクトする友人・天才アーバンママ(フリー編集者でもある)がせっかく提案してくれたナイス企画なのですから!でも最近、長い文章の執筆をしているので、あまり面白い日記にならないかもしれない。家で一人で書いてるだけですから…。

 月曜日、執筆、居酒屋で友人の誕生日会。親しい人らが大勢集合した。
 火曜日、夜はアーバン。帰りのタクシーで少しぼたん雪が降るのを見る。
 水曜日、三軒茶屋のお家で鍋。初対面のゲイの男の子の恋愛相談に乗るけど、あまりうまく答えてあげられなかった。帰り道に入ったことないけど気になっていた交差点のバーでワインを一杯飲む。常連は少し年配の男性ばっかり。アメリカンな雰囲気、ここはアメリカのハイウェイ沿いじゃないかしらと勘違いする。
 木曜日、夜はG街。一見さんばっかりやってくる。全員と一生懸命しゃべっていたらとても理屈っぽい人みたいになってしまった。相変わらず酔っぱらいを辛口で叱咤激励。
 金曜日、健康ランドの岩盤浴に行く。ロウリュウに参加して、その後レディボーデンのアイスを食べる。去年ここで偶然遭遇した昔の友人を思い出しながら露天風呂に入った。帰りの電車で芥川龍之介の「切支丹もの」ばっかり集めた文庫本読む。「きりしとほろ上人伝」と「おぎん」がとにかくお気に入り。何度も声に出して読みたい。大島弓子等、十代の時好きだった本や漫画を読みまくって寝る。
 土曜日、美容院で前髪切ってもらう。執筆、友人の誘いでG街に顔を出す。小林麻子どんに飲み屋で遭遇。最近通っているという、演劇ワークショップの話を聞く。芝居の話だと饒舌になるので、あ、自分芝居の演出をやっていたなと思い出す。やっていないとすぐ忘れる。本当です。二杯ですぐ帰宅。たまには切り上げが早いのも良いねと言いつつ電車乗る。
 日曜日、少しだけ執筆。少しだけどむずかしい局面を抜けた感触がする。すっごく美味しい南インド料理屋に連れてってもらう。友人が作詞作曲の『おいしかった』という歌を歌いながら、寒い中タクシーに乗って人んちへ。たくさん良い音楽聞かせてもらったけど、いつもタイトルやアーティスト名を忘れる。大切な人たちと貴重な時間を過ごす。苦い思いも言葉に表しつくせない微妙な感情も自己嫌悪も込み込みできっとすぐ貴重な記憶になってしまうのだ。

 やっぱり地味な日記になってしまった。来週もたぶんこんな感じ。



[PR]
# by chigirayuko | 2014-01-27 22:27
お正月
 お正月です。あけましておめでとうございます。
 去年に引き続き、山梨県のスタジオに友人のご好意で、遊びに来させてもらっております。山はいいな。星がたくさん見えて、鹿もいます。皆さんがレコーディングしてる間には小説を書きます。私はなんと作家だったんです!!ババーン!!
 都会はお金がないと遊べないし、つまらない。山で、気のおけない人たちと話したり、音楽を聞いたり、楽器を弾いたり、トランプするのはとても豊かな時間です。
 私のおばあちゃんは、栃木県に住んでるけど、日に二回、仲間を引き連れて大名行列のように近所の散歩をするのが何より楽しいそうです。そんなんで本当に楽しいの?って昔は思ってたけど、絶対楽しいだろうな〜。都会は豊かに見えるけど、じつは携帯でチャッチャカ連絡してスケジュールを空けてもらわないとなかなか人と会えないし、街にはカラオケ館とかブックオフばっかりあるけど私はあまり行かないから、巨大な岩がそびえてるのと一緒だし、だとしたら岩のほうが威厳あるし、いっそのことビルは全部岩にして、都会も巨石のそびえる田舎にしちゃえばいいんじゃないかな〜と今なんとなく思った。
 インディジョーンズの舞台みたいな(見たことないけど)巨岩都市に伊勢丹やバーニーズがあったらおもしろいな〜。でも田舎のアウトレットにあるファッションショップは、だいたい品揃えもブランドのセレクトも古くさくて、最新流行じゃないから、巨岩都市の伊勢丹も、全然おしゃれじゃなかったりして、若者はがっかりして「東京なんかじゃなくて、もっとNYとかに住みたいな〜」と思って、移住しちゃうのだ。でも、NYのほうも、田舎の素晴らしさに目覚めてて、バーニーズとかブルーミングデールズ?とか、みんな沼!沼の中にあるの。で、河童が店員なんです。岩と沼とどっちか好きかっていう二択を迫られるのだ。
 そんなふうでいいんじゃないかな〜。
 
 元旦には風邪を引いて寝てばかりいた。たいした熱じゃなかったのに全然動けなくなってしまった。でもたくさん寝たらすぐ治ったので人間ってすごいな!と思いました。
 音楽たくさん聞いて、親しい仲間の日々のペースや呼吸を感じて暮らすことの喜びはなかなか筆舌に尽くしがたい。言葉にできるようになるにはまだ何十年もかかるかもしれない。悠子の悠は、のんびりゆっくり、eternityという意味なので宇宙規模のゆっくりさも視野に入れてなんとかやっていきたいなと思ったりする所存です。


[PR]
# by chigirayuko | 2014-01-04 15:37



千木良悠子の日記です。
by chigirayuko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30