表現と主題
 今日はマジメなことを考えてみようと思います。
 今、9月にやった「パーフェクト奥様」のサントラを聴いています。
 私はこの作品で何をやりたかったんだろうか…。
 最近たまに「千木良さんの作品のテーマはなんなの?」と人から聞かれます。ファスビンダーの公演のときも、「なぜファスビンダーをやろうと思ったの? なぜナチ問題の出てくる戯曲を取り上げたの? 必然性は?」等、聞かれました。「いや〜、ファスビンダー、なんかスゴいなあと思って…」と、アホ丸出しの返答をしてしまい、やや後悔…。ファシストはいつの時代もいるし、政治の動向なんか見ても時節に合ってるっぽいよなあ…とは思っていましたが、そんなことエラソーに語れるだけの専門知識もないし柄じゃないので、笑ってごまかしといた。
 お芝居を作るのはけっこう大変なのに、「何がやりたかったの?」と聞かれるとうまい答えが出てこない。真摯に向き合ってるつもりだし、技術は及ばずとも、妥協している気はさらさらない。なのに、なんで主題について質問されて笑ってごまかさなきゃいけないのかなあ。何か負い目があるのでしょうか? 作品を見せることで伝わらなかったのが、悔しいのだろうか。でも別に見た人全員に同じことが伝わらなくたって、私、良いと思ってるし。
 もしかしたら、問題は、私の作家としての自意識にあるのかもしれません。
 見た人はきっと説明が欲しいんですよね。作品には作家がいて、その人が自分の伝えたい主題を観客に手渡してくれる、と信じたい。でも私は、「個人とか作者なんて近代の生んだ一時的な概念で、まやかしでしょ〜?」などと、いっぱしぶったことをどっかで思っていて、作家として扱われるのがどうもくすぐったくて、つい逃げてしまうフシがあるのかも。単にシャイなのかもしれないし。
 でも別に近代に恨みがあるわけじゃないしね。頭でっかちに考えるのやめて、もう少し主題押し出していこうかな。前近代にご恩があるわけじゃないし。
 
 私が「パーフェクト奥様」でやりたかったことは、本当に小さな、個人的なこと、「下北の小さな部屋から世界に向かって愛を叫ぶ」、ということで、愛って言っても夫婦愛とか男女の愛とかに限らず、全然知らない人とか場所とか太陽とか道路とか、今この瞬間に存在してるすべてに対する、同胞としてのそこはかとない親しみの感情、それを愛と呼ぶのかは知らないですが、小さな情を大きな海になるまで集めて、下北の小さな部屋に満たしたかったわけです。
 主演の松本さんは私にとって、全然分からない人だったのです。いろいろ話を聞いたけど、どうもよく分からない。関係があるような、ないような、不思議な間柄の人。もしかして作品にすれば分かるだろうか?と思って、脚本をあて書きして、主役を演じてもらったけれど、やはりよく分からなかった。でも、それでも、あの舞台の間、松本さんは奥様役に自己を投入して、見事に演じ切った。私の欲望は果てしなくて、私を理解できない人にも、私のことを愛してほしい。それは無理だって話もあるかもしれないけれど、舞台の上でなら、可能かもしれない。だって舞台はライブだから。同じ時間を生きることができれば、生半可な理解なんて不要かもしれない。私は時間という人類の便利な発明品に、妄信的な期待をしていたのかもしれません。

 けっきょく、時間というものはあると思えばそこにあり、ないと思えば消えてしまう、ただの生活のための道具で、「パーフェクト奥様」の登場人物たちは、虚空に向かって絶望的な愛を叫んだだけだったのかもしれない。今この瞬間を共有する、なんて子供じみたイメージに期待をするのはバカげたことです。それでもいいんじゃないかなと私は思う。私は愚かな自分を、少し人に見てもらいたい。落胆されても、笑われてもいいから、子供じみた夢を抱いていたことを、人に覚えていてほしい。
 私は幼稚園を卒業したくない子供で、卒園式で一人だけボロボロ泣いていて、今日を境にはなればなれにさせられるだけなのに、どうして他の園児は全員ニコニコして、意気揚々と「早く小学生になりたい〜!」だなんて宣言できるんだろうと、それが本当に分からなかった。
 そういう恨みが、「パーフェクト奥様」には籠っているのかもしれません。

 こうやって書いていくと、自分がひどく近代的な作家像を志向しているみたいに思えてくるけど、前言は翻すためにあるという言葉もあるし、それでも構わない。昔好きだった人は、「『やっぱり〜する』という言葉は俺の辞書にはない」って言ってたけど、私の辞書にはあるでいいや。「表現と主題」というテーマで書いてみました。



[PR]
# by chigirayuko | 2013-12-05 18:58
紀伊國屋ホール公演「ゴミ、都市そして死」無事終了しました

 終わった…。
 何もかも終わった…。

 9月「パーフェクト奥様」、10月「ゴミ、都市そして死」、ふたつ連続で進めるのは、たいへんな荒業でした。人集めからお金の計算から、ゼロからすべて仕切って、けっこう頑張った…。
 今までの人生が怠け過ぎだったのです。一日の半分を寝て過ごす生活に飽き飽きしていたのです。「やればできる」とタカをくくって何もしなかった今までに落とし前をつけたくて、何かしようとしたのです…。やり終わって、充実感があるかと思いきや、ただひたすら疲れて眠いです。まだお金の清算も終わってないし、一日ひとつ何か用事を済ますと、もうそれだけで眠い…。

 1月末に下北沢のタウンホールで「饗宴」というお芝居をやってから、半年くらい何にもしてない日々があって、9月に下北沢のレンタルスペース「スターダスト」でミュージカルをやることに決めました。
 決めちゃって、キャストも集めた後に、いつものように仲間と借りてる都内の畑で草むしりをしてると、いっしょに草をむしってた美術家・加藤ちかさんが、「紀伊國屋ホールが急に空いちゃったんだけど」と唐突につぶやきました。
 なんでも、お知り合いが借りてた日程で公演をしたい若手の団体を急募中とのことでした。
「いいですね〜、ちょうど昨日、ファスビンダーってドイツの映画監督の戯曲をやりたいなって、友人と話してたばかりなんですよ〜。」
 とお答えすると、
「9月にも公演あるのに、いいの?話を繋いじゃうわよ」と。

「他の若手にも声かけたんだけど、みんな怖じけてやらないのよ」
「へえ〜」
 という会話をしたときには、私はまだ紀伊國屋ホールを借りるのにお幾らかかるのか、そこに人を集めるのにどのような制作力が必要か、今までやった小劇場と紀伊國屋ホールのような中劇場の違い、等々を何もわかっちゃいなかったのであります。
 知らないので怖じけようがなかったのです。
(今も何もわからないままには変わりありませんが。)

 スタッフさんは、加藤ちかさんのご尽力もあって、割と早い段階で決まってゆきました。バンド「石橋英子とぎりぎり達」がライブ出演を承諾してくれたことは、どれほどの力になったことか。
 大変だったのはキャスティング。三ヶ月前に出演オファーしても、役者さんってほとんどスケジュール埋まってるのです。主演のローマ・Bに緒川たまきさんが決まったのは奇跡以外の何ものでもありません。
 加藤ちかさんが「私の知り合いの若手演出家の公演に出てたから、話ぐらいは聞いてもらえるかも」とおっしゃった瞬間、私は「緒川さんは絶対にファスビンダーがお好きだ!!!!」とビビッと来まして、事務所に熱いメールを書いたのです…。結果は、皆様ご存知の通りです。
(なぜこのような「ビビッ」が仕事で切羽詰まったときしか発揮されないのでしょう?プライベートで男性にビビッと来ることはまったくない。)
 しかも、加藤ちかさん、こないだ、
「あれ間違いだったの。私の知り合いの演出家の芝居、緒川さん出てなかった。見にきてただけ」
 だって。おいおい!!
「もし見にきてただけって知ってたらオファーしなかった?テヘ」
「しなかったかもしれないですよ!私、けっこうビビリなんですよ!」
 てな感じで、まったく、危ない橋を渡ってたものです。

 準備は大変だったけど稽古は面白かった。
 都内の古ーいビルの一室を借りてたのですが、男子楽屋がタバコ吸う部屋みたいになってて、俳優の男子がゴロゴロ寝っ転がったり、タバコ吸ったり、着替えたりしてるのです。
 男子は、慣れるとその場に誰がいてもズボンを履き替えることを臆さない。
 あんなに色んな種類の男子のパンツを見たことはなかったです。

 なんでしょう…大変すぎて男子のパンツしか稽古の印象がない…。

 いや、そんなことはないはずだけど…。

 あのような貴重な日々はなかなか言葉にできるものではないです。
 古いビルで埃まみれだったけど、良い稽古場だったなあ。

 それにしても、楽日には、紀伊國屋ホールが満員になったからね。入り切らないお客さんだっていて、照明ブースで見てもらったんだから…(そのせつはすみませんでした)。
 ご来場の皆様、誠にありがとうございました。
 旗揚げ二年目の第五回公演で、紀伊國屋ホールを満員にした劇団なんて、前代未聞ではないでしょうか。
(しかも五回のうち、一回は北村早樹子ちゃんとのコントだよ!私も漫才やったよ。あれ面白かったなあ。)
 もはや伝説といっても過言ではない(!!!!!!)
 すべてキャストやスタッフの皆様のおかげです。
 緒川たまきさんは毎日変わらず、震えるほど美しかったです。たくさんの舞台を踏んできて培われた技術に瞠目させられ、舞台に賭ける情熱を日々目の当たりにさせてもらい、作りながらも胸熱くなりました。
 若輩ものの自分にもったいないほど良い経験させてもらって、ファスビンダーさまさまで、もうドイツの方角に足を向けて寝られないかもしれません!!

 なんて幸運なのでしょうか…。
 実務的には筆舌に尽くしがたいほど難儀だったし、うまくいかないこともたくさんあったし、力及ばずと感じ、無力感や徒労感に苛まれることもあり、胃も腰も痛くなって、眉毛がヘの字になってましたが、稽古中も公演中も思うことはずっと同じで、なんて幸運なのだろうか…とそればかりでした。

 スター誕生で優勝したアイドルの卵ぐらい私はラッキーガールだと思います。
 今、こうして何事もなかったかのようにPCに向かってブログを書いていて、特にモテるようにもならず、まったくお金持ちにもならず、数ヶ月前畑に出ていたときと変わらぬ日々を送っていますが…。今の私は、あれみたい。バック・トゥ・ザ・フューチャーで時間旅行をして帰ってきたマイケル・J・フォックスみたいな感じです!タイムパラドックスで歴史が少し変わってるかもしれないですね!!(平賀源内は実在しなかった…みたいに微妙なとこが。)

 くだらない話はあれですが、ご来場の皆様、まことにありがとうございました。
 キャストスタッフの皆様には特別に感謝の意を捧げたいと思います。
 今回、うれしかったのは、キャストの皆様が、毎晩毎っ晩、稽古の後に、近所の安い中華料理屋でお酒飲んでたらしい、というところ。急に集めて誰も知り合いじゃないと絶対盛り上がらないと思ったので、微妙に面識ありそうな方々どうしを集めたところ、「20年振りに××さんと共演なんだよ、毎日が同窓会みたい!」等々のお声をいただきました。
 粘ったんだ、このキャスティング。合コンとかお花見のメンバー集めでやるようなことを、二百倍ぐらいの繊細さと集中力と超能力を駆使して、微妙なさじ加減で行っていったのです。メンバー集めは大事だね。おかげで19人のキャストさんがなんとなくまとまったように思います。中華屋さんにも感謝。キャストが毎晩飲んでると、なんで演出家が嬉しいのか全っ然分かりませんが、今回は、それがなんだかとても嬉しいことだったのでした。




[PR]
# by chigirayuko | 2013-11-13 23:09
「ゴミ、都市そして死」
b0002562_124026100.jpg

SWANNY Vol.5
ファスビンダーの「ゴミ、都市そして死」
Rainer Werner Fassbinder Der Müll, die Stadt und der Tod

2013年10月25日(金)- 27日(日)

会場:新宿 紀伊國屋ホール
 

作:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
 翻訳:渋谷哲也

演出:千木良悠子

出演:
緒川たまき、横町慶子、羽鳥名美子(毛皮族)、小林麻子、安元遊香(Saliva)、たにぐちいくこ、猫田直、仁科貴、金子清文、宮崎吐夢、川瀬陽太、石川ゆうや、富川一人(はえぎわ)、中村祐太郎、高松呼志響、濱田真和、竹林林重郎(劇団竹)、河井克夫、伊藤ヨタロウ



音楽・ライブ出演:石橋英子 with ぎりぎり達 feauturing 長左棒茄子(ジム・オルーク、山本達久、坂口光央、須藤俊明)



www.swanny.jp
[PR]
# by chigirayuko | 2013-09-27 10:46
「パーフェクト奥様」
告知です!
SWANNY第4回公演「パーフェクト奥様」のチケット受付始まっています。
ご予約はこちらから www.swanny.jp
b0002562_142034.jpg

[PR]
# by chigirayuko | 2013-09-09 01:02
先週日記
 月曜日、稽古、いちばん長い曲の振付を寺田さんにお願いする。

 火曜日、電話連絡しまくる。夜はアーバン。綾子がいいとも!に出ると言うので驚き。

 水曜日、アトリエA子で、美香ちゃんの歌どり。歌が終わったら雷雨に。夜は稽古。そのあと飲み屋で打ち合わせ。なんか寂しかったので、おかよの家に行って、Tシャツ刷るのを手伝う。

 木曜日、ファスビンダー博士の関口さんと、石橋さんと3人で渋谷のカフェで、10月の芝居の音楽打ち合わせ。夜は稽古。玉川台区民センターという、世田谷の中の陸の孤島みたいな場所までバスに揺られていく。バスが気持ち良くてだいぶ寝てしまった。歌の練習メインに稽古する。その後、ゴールデン街ダーリンに朝まで入る。ドルショックちゃんたち来てくれて、良い気分転換になった。

 金曜日、演助さんと豪徳寺のデニーズで10月の稽古日程打ち合わせ。夜稽古、終わってから、近くの良い感じの居酒屋で役者さんらと日本酒飲む。

 土曜日、初めての通し稽古。練習してるシーンはできてるし、してないシーンはできてない。当たり前か…。終わってから近所の居酒屋で打ち合わせ。麻子さんとサワー四杯も飲んでしまった。

 日曜日、B子といっしょに電車に揺られて、由比ケ浜へ。前野健太&ソープランダーズの皆さんが波打ち際のハンバーガー屋にいるというので合流。皆さんがリハをしている間に、海で泳ぐ。B子は10年振りぐらいに海に入るそうで、「いやだ、怖い、海嫌い」、と言ってたにもかかわらず、いざ入ったら、「何これたのしい!」と感動していた。ずーっと泳いでたいぐらい楽しかった。ライブはなんだか一体感があってとても良かったし、大学時代の友人に会ったりもした。
 もう夏終わっちゃうけど、また海行きたいなあ。プールとは全然違うのね。
 
[PR]
# by chigirayuko | 2013-08-26 14:44
先週日記
 月曜日、秘密の一人旅またしたら、雷で電車が止まって、なかなか帰れなくなった。

 火曜日、アーバンが休み。京王プラザホテルのプールで泳ぐ。かよちゃんに平泳ぎ教えてあげた。焼鳥屋で大勢で飲む。

 水曜日、稽古、音響さんが来てくれる。

 木曜日、事務作業、夜はダーリン。

 金曜日、女優さんの稽古見せてもらいに五反田へ。その後、新宿で打ち合わせ。

 土曜日、花火大会に行ったら、酔っぱらいすぎて友人と泣きながら喧嘩した。

 日曜日、おかよのバイト先のレコード屋に遊びに行く。健康ランド行ったら、大学時代の友達にバッタリ会う。子供三人いるって。意気投合して、いっしょに風呂に入る。

 こう書くと遊んでばっかりみたいだけど、いやー、大変な一週間だった。
[PR]
# by chigirayuko | 2013-08-26 14:21
先週日記
 月曜日、制作浜田さんと渋谷で打ち合わせ。浜田さんのおかげで、少し頭整理されて楽になる。クアトロで前野健太とソープランダーズのライブ見る。新曲もとっても良かった。

 火曜日、アーバン、この日は歌合戦みたいになってた。夏フェスね!!とママが言っていた。

 水曜日、稽古。「パーフェクト奥様」の女優さんたちと初めての飲み会をする。改めて見ると、みんな本当に可愛いなあと思う。

 木曜日、ダーリンに、ディスクユニオン下北沢店の香山ちゃんがデビュー。ドルちゃんや多摩美の卒業生と交流を深めていて、「大人になったわね…」とお母さんのような気持ちに。

 金曜日、よく覚えていない…。ディズニー映画「ムーラン」を見た気がする。

 土曜日、稽古。小道具の箱を抱えて、演助のたまちゃんとヨロヨロ帰宅。

 日曜日、恵比寿で女優さんと顔合わせ。お蕎麦食べてから、下北沢LadyJaneで達久と石橋さんのデュオのライブ見る。美しい音楽を聴くと、ゴチャゴチャしていた頭の中が、よく睡眠を取ったときみたいに、整理されていく気がする。おかよどんも後から来て、少しワイン飲んで帰った。
[PR]
# by chigirayuko | 2013-08-14 15:59
先週日記
 月曜日、着付け行って、伊勢丹でA子ちゃんの誕生日プレゼント探す。地下の喫茶店で、ノートパソコン開いて、台本書く。9時から居酒屋で誕生日会。楽しかった…。

 火曜日、近所でホットケーキ食べて、メールたくさんする。アーバンに、奇跡的に面白い一見さんがやってきて、常連のおじさまたちが、みんな頬を赤らめて「あの人と友達になりたい…♡」と言ってたのが可愛かった。

 水曜日、台本書いて、ちょっと岩盤浴行って、稽古。演出助手の金珠代ちゃん参加。

 木曜日、収支計算表を作ったり、メールを書いたり。ダーリンにまた制作浜田さん打ち合わせに来てくださった。

 金曜日、下北沢のバーミヤンで、河井さんと亀島さんと劇中で使うアニメーションの打ち合わせ。お二人のクリエイション技術とイマジネーションに感動…。長時間打ち合わせしてたけど、内容濃い感じ。バーミヤン安くていっぱいメニューあって楽しい。

 土曜日、車飛ばして、演出助手の小松君中野駅で拾って、劇団かもねぎショットのアトリエから、小道具に使う箱をもらってくる。それ持って稽古場へ行く。

 日曜日、ホーリーと赤坂に安井順平さんのお芝居見に行く。宮崎吐夢さんにお会いして、そのまま三人で五時間以上飲んでた。なんであんなにずっと飲んでいられたんだろう…。吐夢さんの話術に魅了されてしまったとしか言いようがない。
[PR]
# by chigirayuko | 2013-08-14 15:49
先週日記
 月曜日、下北沢の喫茶店で女優さんと顔合わせ。新宿で打ち合わせ。夜は9月の稽古。

 火曜日、台本したり、電話いろいろかけたり。夜はアーバン勤務。柳下さんの体験入店。

 水曜日、深夜に俳優さんと高田馬場で待ち合わせして出演交渉。車で送ってもらう。

 木曜日、チケット担当の田崎さんと夕方に新宿で打ち合わせ。制作の浜田さんが夜、ダーリンに来てくれて打ち合わせ。この日は朝方、バンド名しりとりで盛り上がる。坂本さんが「やめたくない!ずっとやっていたい!」と叫んでたのが面白かった。

 金曜日、家で台本書いて、下北散歩したり…。

 土曜日、たぶん台本書いてたと思う…。

 日曜日、湯島で俳優さんと飲んで出演交渉。台本を書く。
[PR]
# by chigirayuko | 2013-08-14 15:40
先週日記
 月曜日、池袋芸術劇場で、女優の原サチコさんのドイツ演劇についての講演会。ちょっとお酒飲んで帰る。
 
 火曜日、アーバン休みだった。新宿とか散歩する。

 水曜日、歌舞伎の「四谷怪談」見に行く。帰りに渋谷駅でホーリーにバッタリ会ったのでご飯食べてアーバンでちょっと飲んだ。

 木曜日、9月公演の台本書いて、夜はダーリン勤務。

 金曜日、「パーフェクト奥様」チラシ撮影。カメラマンの薫ちゃんがいっぱい機材持って車で来てくれたので感激。河井さんや礼さんや10月出演する中村祐太郎さんも来て、にぎやかになった。礼さんとCafe Gloveでお茶してタクシーで帰る。

 土曜日、新橋でA子、B子と「カリフォルニア・ドールズ」。最近見たばっかりなのにやはり涙流してしまった。新宿のときやで、あまーいあんみつ食べた。礼さんの家でのご飯会に少し顔出す。

 日曜日、台本書いたりしていた。
[PR]
# by chigirayuko | 2013-08-14 15:20



千木良悠子の日記です。
by chigirayuko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30