ワニと白くま1
ワニ「どうも、ワニです」
白くま「白くまです。二人合わせて」
ワニ「ワニと白くま……って、そのまんまやないかい♪」
白くま「いや、それにしても最近暑いですなあ」
ワニ「暑いですなあ」
白くま「なんて話合わせちゃって、ワニは暑さ平気でしょ? 出身、熱帯でしょ」
ワニ「ワニだって暑いんですよ。日本なのにこんだけ暑いのは、正直、異常気象ですよ」
白くま「ほんまやね。こないだまで寒かった分、三割増で暑く感じますね」
ワニ「そもそも、うちら、こんな暑さを求めて日本に来たわけじゃないですからね」
白くま「そやねん。うちらが日本に求めてるのは、桜、フジヤマ。芸者。サムライ」
ワニ「でもこんだけ暑かったら、求めるものは、クーラー、クーラー、クーラー」
白くま「われわれ獣にも、クーラーが必要な時代になってきましたかね」
ワニ「外にいると、暑いからねえ、特に室外機の風が。なるべく屋内にいたいもんです」
白くま「いっそ人間が外に出て、獣が家の中に入ればええんや……。ロハスやで」
ワニ「ロハスですかね。そや、最近、草食系男子とか森ガールとか山ガールとか聞くけど」
白くま「人間も自然に帰りたいってことなんですよ、きっと」
ワニ「あ、ワニはね、今度アマゾンのなわばりを、人間に賃貸しすることにしたんですよ」
白くま「へえ!」
ワニ「ネットの住宅情報に掲載したら、問い合わせが殺到しちゃって」
白くま「あ、ほんと」
ワニ「ワニもとうとう、家賃収入だけで食っていけるようになりましたね」
白くま「うらやまし〜」
ワニ「ワニ、やることなくて、ニートになっちゃって。ワニートになっちゃった。アハハ」
白くま「白くまも売りに出そうかな。南極の氷上のなわばり一坪五万円」
ワニ「お得物件や」
白くま「でも温暖化で氷溶けちゃうかもしれないね。氷の下はすぐ海かもしれへんな」
ワニ「リスキーな物件、危険と隣り合わせやね」
白くま「もし売れたらいっしょにハワイに行きたいですね」
ワニ「ハワイ、暑そう〜」
白くま「暑そう〜。キャッキャッ」
……(以下つづく)
b0002562_17362311.jpg

[PR]
# by chigirayuko | 2001-06-17 17:47
プロフィール
千木良悠子(作家、俳優、他)
1978年東京生まれ。慶應大学英米文学科在学中、雑誌「三田文学」に短編小説「猫殺しマギー」を発表。以降、「文藝」「ダヴィンチ」「Numero TOKYO」など、多数の雑誌やウェブサイトに寄稿、現在に至る。

●著作
「猫殺しマギー」産業編集センター刊
(三話収録の短編小説集。イラストも担当)
b0002562_016784.jpg

「青木一人の下北ジャングル・ブック」ソニーマガジンズ刊
(お笑い芸人を目指す大学生が主人公の、書き下ろしユーモア小説)
b0002562_0162642.jpg

「誰でも一度は、処女だった。」理論社よりみちパン!セシリーズ
(Web連載の書籍化。10〜80代の男女+社会学者、文芸評論家、産婦人科医等、50人強とともに、近代以降の日本人の「処女喪失」について研究したルポルタージュ)
b0002562_0164219.jpg


 また劇団指輪ホテルに俳優として1999年より参加。2000年「祈りはたらけ」(辰巳臨海倉庫特設会場)、2003年〜「nowhere Girl三部作」(@森下スタジオ、目黒庭園美術館etc.)、2004年「情熱」(@池袋ロサ会館屋上テニスコート特設会場)、2007年〜「Please Send Junk Food」(@東京芸大取手キャンパス、別府ブルーバード劇場、森下スタジオetc.)などなど、多数の作品に出演。その他に、2005年「松尾スズキ少女歌劇団」(@原宿クエストホール)、2007年映画「クワイエットルームにようこそ」(松尾スズキ監督)、2010年劇団Collol(@横浜BankART、六本木スーパーデラックス、韓国コチャン演劇祭etc.)等、舞台映像問わず出演。
 また2001年には監督、脚本、主演を担当した短編映画「Nuts」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞を受賞(蔭山周、加藤丈和との共同監督作品)。他に「しょじょ を かる」「恋人〜モナムール」等の短編映画作品があり、オムニバス映画DVD「BLUE FILMS1、2」(株式会社バイオタイド)に収録されている。
[PR]
# by chigirayuko | 2001-01-01 01:00



千木良悠子の日記です。
by chigirayuko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30