6日目 (09/2/7)
昼すぎ、昨晩お風呂に入ってなかったので、家の近所のスポーツクラブでちゃんと入ろうと思って、井の頭線に乗った。私はコナミスポーツクラブの会員なのだ。
うっかり明大前で急行に乗ってしまい、下北沢まで行く。戻らなきゃ、と思ったらまた急行に乗ってしまって、明大前に逆戻り。疲れてるのかもしれない。
ようやく各駅に乗れて、東松原で降りた。ラーメン食べた。
スポーツクラブでジャグジー風呂に入って、全身ぴかぴかになった。バイトに行かなきゃいけないからお化粧もして、美人ホームレスのできあがりだ!

バスでバイト先へ。ぼけっとインターネットなど見る。
十時ごろ、バイト終わったのだけど、宿泊場所が決まらない。何人もに電話かけたけれど、みんな留守電になってしまったり、仕事が忙しかったり。
なんとなく、渋谷に出れば、行き先が思いつくんじゃないかと思って電車に乗った。

渋谷のスクランブル交差点前のスターバックスコーヒーに入って、オレンジの入ったカフェラテを頼んだ。誰か、留守電聞いて、電話くれないかな。
交差点を見下ろして、通る人を眺めているのが面白すぎて、動けない。
ああ、もう次どこ行くか決めないと電車なくなっちゃう。
トイレに行きたくなったから、ようやく席から立つことができた。
トイレに行きたい、とかお腹がすいた、とか寒い、とかって感じるのは人間にとって重要なことだなと思った。それがなかったら、いくらでもひとところで動かないで、ぼうっとしていられそうだもの。

ツタヤの二階で、美容師さんに、カラーモデルしませんかって声をかけられた。ちょうどカラーしたかったので、タイミングがよい!渋谷に来てよかった。宿泊先は決まらなかったけど。

交差点を歩きながら、「いつでもどうぞ」と言ってくださってた友人Iさんに電話。快諾していただく。初の男子です。もう終電がなくなってしまったので、二駅分歩かなくてはならない。
けっこう距離あったけど、一人で甲州街道沿いを歩いた。
Iさん宅、広々としていて、猫が二匹いる。ちっちゃいほうの猫を抱き上げようとしたら、激しく牙をむかれる。よその猫だからといって、みんな触られるのがすきというわけではないのだ。
おなかが減ったというと、ご飯の残りを出してくださった。大根と豚肉の煮物、豆腐のバター醤油焼き、ふりかけご飯。すばらしくおいしい。初の男子宅だし、多少緊張したけれど、家出の顛末を語ったり、芸能ゴシップとかのバカ話をして、夜3時くらいに居間のソファで寝させてもらう。
大きくて、ふかふかしたソファだったが、くぼみに体がはまって、なんだか妙な寝心地ではあった。羊屋さんたちとマチュピチュ遺跡みたいなところで芝居やる夢を見た。
猫がカリカリを噛んでいる音をなんとなく聞きながら、また昼ごろまで寝てしまった。

昼過ぎ、駅へ。駅前にホットケーキのうまい喫茶店があるということで、つれていってもらう。ホットケーキは分厚くて、完璧な丸型をしていて、見たことがないほどホットケーキらしかった。今後、どのような人に泊めてもらえばいいかなど、Iさんいろいろアドバイスしてくれる。コーヒーを飲んで、改札前でIさんとお別れ。とても天気がよくて、あったかい。
前の日、お風呂に入らなかったので、きのうも行ったスポーツクラブに舞い戻った。
これじゃ本当に家の近所をうろうろしているだけじゃないか!
b0002562_23563982.jpg

[PR]
by chigirayuko | 2009-02-16 02:59
<< 5日目 (09/2/6) 7日目 (09/2/8) >>



千木良悠子の日記です。
by chigirayuko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30